9.26(土)学習会:南アルプスリニアトンネルと大井川減水(オンラインあり)

【学習会】南アルプスリニアトンネルと大井川減水
 

f:id:stoplinear:20200918171226j:plain


リニア中央新幹線静岡工区の工事に伴う大井川の流量減少については、JRが委託した地質調査会社が2013年に作成した資料に「大井川直下で掘削予定のトンネル周辺でゆっくり浸み込んだ地下水が大量に存在している可能性」を非公開にしていたことが報道されました(9/10 静岡新聞)。
静岡県がリニア工事に反対している「静岡問題」という報道だけでは決して見えてこない南アルプスリニアトンネルと大井川減水問題について、工学博士の塩坂邦雄さんに解説して頂きます。

日時:9月26日(土) 14:00~
講師:塩坂邦雄さん(工学博士)

【ご注意】申し込むアドレスは当日視聴するPC、スマートフォン等で受信可能なアドレスで登録ください。
 

9.26(土)学習会:南アルプスリニアトンネルと大井川減水(オンラインあり)

【学習会】南アルプスリニアトンネルと大井川減水
 

f:id:stoplinear:20200918171226j:plain


リニア中央新幹線静岡工区の工事に伴う大井川の流量減少については、JRが委託した地質調査会社が2013年に作成した資料に「大井川直下で掘削予定のトンネル周辺でゆっくり浸み込んだ地下水が大量に存在している可能性」を非公開にしていたことが報道されました(9/10 静岡新聞)。
静岡県がリニア工事に反対している「静岡問題」という報道だけでは決して見えてこない南アルプスリニアトンネルと大井川減水問題について、工学博士の塩坂邦雄さんに解説して頂きます。

日時:9月26日(土) 14:00~
講師:塩坂邦雄さん(工学博士)

【ご注意】申し込むアドレスは当日視聴するPC、スマートフォン等で受信可能なアドレスで登録ください。
 

リニア中央新幹線の大深度地下使用の認可を不服として、審査請求&記者会見

リニア中央新幹線大深度地下使用の認可を不服として、審査請求しました。 私たちの主張に、国が行った弁明に対し、渾身を込めて書いた反論書を本日(9月8日)提出してきました! 14時から国交省記者クラブで記者会見です。(奈須りえ)

Facebookにログイン | Facebook


f:id:stoplinear:20200909012553j:plain

f:id:stoplinear:20200909012609j:plain

リニア中央新幹線審査請求、国交省に反論書を提出しました! これら2本の反論書を、それぞれ引用し、一つの主張として提出しています。
 
環境アセスにおける東京都の指摘に基づき反論 http://nasurie.com/wp/wp-content/uploads/2020/09/495b808f6318bdc0156c54f0996cbad1.pdf
 



twitter.com

 

9.8(火)大深度地下使用について:国交省へ「反論書」を提出&記者会見

来週9月8日(火)午前に国交省に反論書を提出し、
午後に以下にて記者会見を行います。

ご都合の宜しい方はご参加下さい。
但しコロナ禍の時節柄、参加人数を事前に把握致したく、
ご参加の方は三木さん(kazuhiko-miki-0829@docomo.ne.jp
にご連絡下さい。

日時:9月8日(火) 14時〜
場所:国土交通記者会 記者会見室(国土交通省5F)
 
____________
 
以上、奈須りえさんより。
 
なお、奈須さんは逝去された懸樋哲夫さんの後を引き継いで、本審査請求を担当されます。
 

「子どもを巻きこむな!リニアまんが訴訟」の判決日のお知らせ 他

「子どもを巻きこむな!リニアまんが訴訟」の判決日のお知らせ
山梨県が冊子『リニアで変わるやまなしの姿』を発行したことの 不当・違法性を問うリニアまんが訴訟の判決期日が新型コロナウィ ルスの感染防止のために延期されていましたが、甲府地裁より連絡 があり、6 月 16 日(火)に行うことになりました。13 時 10 分開廷 です。開廷前の 12 時半より甲府地裁隣の中央公園で集会をもち、判 決の後に再び中央公園で報告集会を行います。法廷では感染防止の ために傍聴は 10 人程度と限られますが、閉廷後の集会で判決の内容 を報告します。参加できる方はぜひお集まりください。
子どもを巻きこむな!リニアまんが訴訟原告 川村晃生

リニア市民ネット山梨

その他、今年のリニア関連活動については

https://linearstop.wixsite.com/mysite

 

5月31日、リニア市民ネット東京の代表で、日本で数少ない電磁波研究者の懸樋哲夫さんが心筋梗塞でお亡くなりになりました。心より哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

 昨年末の意見陳述について、ストップ・リニア!訴訟ニュースNo.19に掲載されています。

磁界の課題を追求する姿勢を貫く懸樋さんのご遺志を継いで参ります。

原告・懸樋哲夫さんの意見陳述要旨 リニアの磁界について予防原則

https://df1c051d-1da3-4f70-a06c-2c9bc99a8bf4.filesusr.com/ugd/39bc9b_f0900191168e4071a085bd6b31b2a26b.pdf

 

 

 

 

 

1.24(金)世界190万筆を集めた「5G廃止の要請文」提出と院内集会のお知らせ

 

5G廃止の要請文提出と参議院議員会館 院内集会のお知らせ

 

 2020年春から日本でも第5世代移動通信(5G)が始まります。

5Gは今まで通信に利用されてこなかった、エネルギーの強いミリ波や、フェーズドアレーという技術を利用しますが、その安全性はまだ立証されていません。5Gが開始されれば、皮膚ガンや失明、流産、発達障害などの増加、バクテリアや昆虫、動植物を含む生態系全体へのダメージが起きると指摘されています。

 さらに、5G通信用人工衛星から照射される電波が、地球のシューマン共振に作用する可能性もあり、アメリカの研究者アーサー・ファーステンバーグ氏は、5Gの停止を求める「国際アピール:地上と宇宙での5G廃止に向けて(http://5gspaceappeal.org/the-appeal)を発表しました。この文書は30か国語に翻訳され、世界中の科学者や技術者、医師、医療関係者、獣医、養蜂家、研究者、市民団体、市民などから19万100筆の署名を集めました。

 このアピール文は、国連(UN)、世界保健機関(WHO)、欧州連合EU)、欧州評議会(EC)と各国政府に提出される予定で、1月25日には世界20か国以上で、5Gの停止を求めるアクションが行われます。同日、ファーステンバーグ氏は国連でアピールを読み上げ、ベルギーのブリュッセル市では、国際会議が開催されます。

 日本では、私たちが1月24日午後、参議院議員会館で院内集会を行い、総務省環境省厚生労働省との意見交換を行い、アピール文を提出します。

 ご希望の方は、1月21日(火)までに、加藤やすこ voc-emf@mbn.nifty.com へご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2020年1月24日(金)午後2時 参議院会館1Fロビー集合
   *化学物質過敏症電磁波過敏症の人も参加するので、香料、整髪料、柔軟剤等

    は控え、携帯電話は電源オフか機内モードにしてください。
場所:参議院議員会館 東京都千代田区永田町2丁目1-1 (東京メトロ有楽町線半蔵門

   線、南北線 永田町駅 1番出口すぐ)
連絡先:加藤やすこ voc-emf@mbn.nifty.com
主催:いのち環境ネットワーク 加藤やすこ 

   翻訳家 Tony Boys 、翻訳家 Pat Ormsby 

協力:ガウスネット

f:id:stoplinear:20200119144140j:plain