12.18(金)オンライントーク「リニア問題:南アルプスの自然を守りたい~大鹿住民✕静岡の大学生」FoE Japan

12/18 オンライントーク「リニア問題:南アルプスの自然を守りたい~大鹿住民✕静岡の大学生」
南アルプスを貫通するリニア中央新幹線のトンネル。水問題や生態系への影響等、取り
返しのつかない環境破壊となります。
南アルプスの麓に位置する大鹿村では、すでにあちこちでリニア工事が行われ、ダイナ
マイト発破の騒音や振動、崩落事故や大量のトンネル残土を運ぶダンプカーの往来等、
自然と共に暮らす村の日常に大きな影響を与えています。そのような中で、さらにリニ
アの為の送電線工事によって樹齢300年のブナの木の森が伐られることになり、住民達
がこれ以上自然を壊しなくないと立ち上がりました。
静岡では、62万人が利用する南アルプスから流れる大井川の水量が、リニア工事によっ
て減水する可能性が高く、県民のリニアへの危機意識が高まっています。大学生等の若
い世代も本当にリニアは必要なのか?と問題提起をしています。
今回のオンライントークでは、大鹿村でブナの森を守るための署名活動を行う住民の皆
さんと、静岡でリニア工事の中止を訴える署名活動に取り組む大学生に、それぞれの署
名活動や運動を始めた経緯や現状、思い等をお話いただきます。

トークゲスト:
大鹿村住民のみなさん/リニアは理にあわない
高井 渚沙さん/Fridays For Future Shizuoka

日 時 12月18日(金)20:00~21:00
参加費 無料
申し込み 前日17日の16:00までに、以下からお申込みください。

www.foejapan.org


※オンライン会議システムのzoomを使います。
※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホタブレットが必要です。
※前日12日の18:00までに、メールにてzoom会議参加用のリンクと説明をお送りします
詳 細 

foejapan.org


主 催 国際環境NGO FoE Japan
問い合わせ
国際環境NGO FoE Japan(担当:柳井)
メールアドレス: yanai@foejapan.org
電話: 03-6909-5983/ファックス: 03-6909-5986

12.13(日)オンライントーク「リニア問題~静岡✕東京の若者が考える」(FoE Japan)

 

www.foejapan.org

(以下転載/お申し込みは↑FoEホームページからどうぞ!!)

 

東京-名古屋-大阪を約一時間でつなぐリニア中央新幹線は、三大都市圏の経済成長や日本の大動脈の2重系化等を目的としています。

しかし、その開発には大規模な生態系の破壊、沿線住民の生活への影響、安全性のリスク、談合事件、事故、電磁波の影響等など様々な問題が生じます。

工事の始まっている沿線各地ではすでに多くの影響が報告されています。

東京では、地上の住民の許可も補償もなく住宅の地下をトンネルが掘られることになり、生活環境が脅かされています。

一方、静岡では、リニアトンネル工事により62万人が利用する大井川の水が減水する可能性があり、県と関係自治体が工事の着工を認めていません。

気候変動や新型コロナウイルスの感染拡大等により、新しいライフスタイル、価値観が生まれる中、環境破壊を伴う大規模開発や大都市集中を目指すリニアのビジョン自体に疑問を持つ若者達がいます。今回、静岡と東京でそれぞれにリニア問題に注目し、問題提起や市民運動で活動する若者達にお話を伺います。


 

日 時

2020年12月13日(日)15:00~16:00

参加費

無料

申込み

前日12日の16:00までに、以下からお申込みください。
申込みフォーム
※オンライン会議システムのzoomを使います。
※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホタブレットが必要です。
※前日12日の18:00までに、メールにてzoom会議参加用のリンクと説明をお送りします。

プログラム

 

 

(当日変更になる可能性もございます。)
1.イントロダクション (柳井真結子/FoE Japan)
2.静岡の若者が見るリニア問題 (高井渚沙さん/Fridays For Future Shizuoka)
3.東京の若者が見るリニア問題 (中東海人さん・森田峰人さん/リニア・市民ネットワーク東京)
4.トーク「日本の未来にリニアはいる?」

主 催

国際環境NGO FoE Japan

問合せ

国際環境NGO FoE Japan(担当:波多江)
メールアドレス: hatae@foejapan.org
電話: 03-6909-5983/ファックス: 03-6909-5986

11.17(火)緊急オンラインセミナー「大深度地下のトンネル工事で住宅街が陥没~リニア工事も危険! 」

--------------------------------------------------------------------------------------

緊急オンラインセミナー「大深度地下のトンネル工事で住宅街が陥没 

                         ~リニア工事も危険! 」

<イベント詳細URL:https://foejapan.org/aid/linear/evt_201117.html

--------------------------------------------------------------------------------------

10月18日、調布の住宅街の道路に約5m✕6m✕深さ5mの穴があきました。東京外かく

環状道路のシールドマシンを使った大深度地下(地表面から40m以上深い場所)のトン

ネル掘削工事が原因と見られています。1ヶ月前の掘削前後から振動や、周辺の地面

や住宅の外壁、塀にひび割れ等が複数報告されていたと言います。

 

地上には影響が及ばないとされながら、住民の安全な生活や命をも脅かす大深度地下

のトンネル工事のリスクは、かねてより外環ネット等市民団体や住民からその危険性が

警鐘され続けていました。これまでも外環道工事周辺の野川には気泡が発生し、横浜の

環状2号線の工事ではシールド工法により2度の陥没事故が起きていました。今回の事故

は想定外ではなかったはずです。周辺住民はいつまた陥没事故が起こるかと恐れながら

の生活を強いられています。

 

リニア工事では、家の真下の大深度地下でトンネル掘削することになります。横浜や調布

と同じ、それ以上の影響が生じる可能性もあります。原因究明と説明、住民の安全確保と

十分な補償が必要です。そして外環道及びリニアの大深度地下工事の即時中止、事業の

見直しが求められます。

 

今回、外環道工事の影響を受ける住民の池田あすえさんとリニア・市民ネットワーク東京

の奈須りえさんをお招きし、外環道の陥没事故の解説と、同様の工法が用いられるリニア

工事のリスクについてお話いただく緊急オンラインセミナーを開催します。ぜひご参加ください。

 

【日 時】 2020年11月17日(火)19:00~20:30

【参加費】無料

【申込み】前日16日の16:00までに、以下からお申込みください。

https://www.foejapan.org/event/event_form.html

※オンライン会議システムのzoomを使います。

※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホタブレットが必要です。

※前日16日の18:00までに、メールにてzoom会議参加用のリンクと説明をお送りします。

 

【プログラム 】

(当日変更になる可能性もございます。)

1.イントロダクション (柳井真結子/FoE Japan)

2.外環道の陥没事故の解説 (池田あすえ氏)

3.大深度地下のリニア工事のリスクについて(奈須りえ氏/リニア・市民ネットワーク東京)

 4. 質疑応答

 

【主 催】リニア・市民ネットワーク東京、国際環境NGO FoE Japan

【問合せ】国際環境NGO FoE Japan(担当:波多江/hatae@foejapan.org

 

※ 本活動はパタゴニア環境助成金プログラムの支援を受けて11実施しております。

 

国際環境NGO FoE Japan

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9

TEL:03-6909-5983 / FAX:03-6909-5986

https://www.foejapan.org/

9月議会「電磁波と子どもたちの健康」よだかれんさん報告

リニア の多様な問題点の中で、電磁波被害は重大な論点かつ被害者にとって深刻な健康被害に陥ります。

今年のコロナ影響下で、オンライン会議、セミナーなどが爆発的に広まり、「会議のための出張はもう要らない」、「オンラインで十分」といった声が聞こえてきました。

リニア はその点でも、不要論がだんだんと増えてきているのではないでしょうか。

 

一方で、今年3月から施行されている5Gは、これまでより桁違いの電磁波被ばくを野放しにすることが心配です。

オンライン学習の必要性に駆られて前倒しで導入が進む「GIGAスクール」(児童・生徒一人一つの端末) や、批判より夢のPR(無人カー送迎・デリバリーなど)が目につく「スーパーシティ構想」は5Gの導入が前提になっています。

そのような状況に懸念が高まり今年5月、「5Gから健康とプライバシーを守る会」が発足しました。(「呼びかけ文」をご覧ください)。

先日、環境ジャーナリストでいのち環境ネットワーク代表の加藤やすこさんの「GIGAスクール」勉強会がありました。

欧米では自治体が5G導入にストップをかけたり、より厳しい規制値を定めて被ばくから人々を救っています。日本でも自治体でできる取り組みを模索している議員の皆さんが多数参加しての学習会でした。その中で、ちょうど9月議会でこれを取り上げた新宿区のよだかれん議員が自身のブログに報告をアップしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新宿区議会議員のよだかれんさんのブログを見ていると、GIGAスクール構想についてかれんさんが、議会で質問されている記録が目に留まりました。
GIGAスクール構想とは?子供の学力はどういう影響をうけるか?、電磁波被爆の影響は?、無線LAN、有線LANについては?GIGAスクール対応の給食は?、ブルーライトの影響は?などなど、適格なポイントをされていて、とても参考になるなと感じました。レポートの末尾には動画も見られますよ。

(5Gから健康とプライバシーを守る会・代表 田中正治

 

よだ かれん ブログ

go2senkyo.com

9.26(土)学習会:南アルプスリニアトンネルと大井川減水(オンラインあり)

【学習会】南アルプスリニアトンネルと大井川減水
 

f:id:stoplinear:20200918171226j:plain


リニア中央新幹線静岡工区の工事に伴う大井川の流量減少については、JRが委託した地質調査会社が2013年に作成した資料に「大井川直下で掘削予定のトンネル周辺でゆっくり浸み込んだ地下水が大量に存在している可能性」を非公開にしていたことが報道されました(9/10 静岡新聞)。
静岡県がリニア工事に反対している「静岡問題」という報道だけでは決して見えてこない南アルプスリニアトンネルと大井川減水問題について、工学博士の塩坂邦雄さんに解説して頂きます。

日時:9月26日(土) 14:00~
講師:塩坂邦雄さん(工学博士)

【ご注意】申し込むアドレスは当日視聴するPC、スマートフォン等で受信可能なアドレスで登録ください。